-- 最新の記事へ --
そのままを撮るって案外難しい
2012年01月21日 (土) 19:19 | 編集
小雨が舞うなど徐々に寒波の足音が迫ってきている魚沼。好天も今日まででしょうか。


雪さえ降らなければ随分と生活しやすいんですけどね。出来るだけ除雪しておかなきゃ。


今日の一枚。一月も後半を迎え、最低気温が氷点下を下回る日が連日続いています。


収穫して置いてある野菜などもうっかりすると凍み付いてしまうほどの寒さなのですが、


そんな厳しい環境下でも道路脇に目をやれば根を張り地に立っている雑草もあります。


幾度も分厚い氷の下になりながら命を繋ぐこうした植物の生命力には驚かされますね。



さて、先日に引き続き越冬生簀の様子を今日もお届け。今回は2才鯉達のマスです。


入っている鯉の割合としては白写りが多いため写真を撮ると101匹わんちゃんの様な


画になってしまう少し控えめな印象のマスですが、墨と白地との間を楽しむ水墨画の


様な趣を持つ白写りは個人的には特に好きな品種のひとつです。体調は良好ですが


PCの画面上だと肌が赤く写りやすいのが悩みの種。肌が白く透き通るような鯉ほど


焼けて撮れてしまうので気を使ってはいるのですが…。美人を撮るのは難しいですね 笑

2012_30.jpg
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック