-- 最新の記事へ --
我慢比べ
2012年01月28日 (土) 20:39 | 編集
一向に降り止む気配を見せない魚沼の雪。終わりの見えない戦いが今日も続いています。


念入りに除雪したハズの所でも翌日には元通り。この我慢比べがいつまで続くのやら…。


今日の一枚。除雪のため屋根の上に登ると、視界に入ってきたのは今にも崩れ落ちそうな


分厚く積もった雪の壁でした。ちょっとした晴れ間や雪の降り方の弱い時を見計らっては


連日除雪しているのですが、それでもこれだけの量が積もってしまうのですから驚きます。


高所で行う雪降ろしは常に滑落と隣り合わせの危険な作業。慣れと油断は禁物なのです。



さて、全国的にも事故などの被害をもたらしている今回の寒波ですが、日本でも有数の


豪雪地帯で知られる魚沼を含む新潟の山間部では、もはや自然災害と言っていい様な


雪が降り続いています。屋根に積もった雪はなんと父の背丈程にもなっていましたよ。


湿気をたっぷりと含んだ新潟の雪はズシリと重く、大人2人掛かりで片付けるのも一苦労。


春には恵みの水として山河を巡る雪も今は手強い厄介者。雪国の厳しい自然の一幕です。

2012_55.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック