FC2ブログ
-- 最新の記事へ --
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野池無双再び。
2010年11月12日 (金) 18:01 | 編集
今日の魚沼は一日中荒れ模様の天気予報が見事に外れ、暖かい日差しが差し込みました。


自宅前のヤツデの花にはせっせと蜜を集める虫達の姿が。彼らも冬越し準備で大忙しのようですね。



池上げも終わりようやく一息つけるかなーと思っていたのですが、その前にすべき事がひとつ。


実は先日池上げしたお客様の池にも与太郎(望まない出来ちゃった鯉)が発生していたのです!

IMG_01410003.jpg

お預かりしていた鯉達は全て上げたので与太郎の数が少なければ放っておいてもいいのですが、


なんせ昨日見た限りでは軽く数百を越える勢い。こりゃ当然そのままとはいきません。


水も落としたので、野池に入り手網を使って一匹ずつ捕獲しなくてはならなくなった訳です。


そう、 野池無双 (と、勝手に呼んでます 笑)の火蓋が再び切って落とされたのです!


池に降り立つと危機を察知した鯉達が全力で逃げていきます!

_MG_01480001.jpg

気分だけは戦国武将。ここは越後の国ですので、さしづめ上杉・直江といった所でしょうか 笑


傷つけないように気をつけながら、素早く網を差し入れバッタバッタと捕獲していきます!

_MG_01450005.jpg

捕まえてみるとまぁー、これが無駄にデカイのなんの


本来はお客様の鯉が食べる餌をこいつらがどれだけ余計に食べた事か…

_MG_01520002.jpg

無双ゲージは常にMAX状態で与太郎連合軍と格闘する事およそ1時間半。


戦況はついに決し、全ての与太郎達を捕獲する事に成功。結局想像以上の500尾くらい居ました。

_MG_01700004.jpg

捕まえてきた与太郎達を自宅前のたたきにひとまず放し、作業は終了。


こうして放して見ると、よくぞまぁーここまで図太く育ったものです。雑草根性の賜物ですね。


この子達の今後ですが、お客様からこの鯉も受け取りに来るという連絡を受けそれを待つことに。


せっかくここまで大きくなったのですから、どこかで人様を喜ばせて欲しいものですね。


来年こそ与太郎達と顔を合わせないで良い様に、何とか対策を考えたいと思います。



※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
1ヶ月前につれあいから教えてもらって
養魚場通信を読ませてもらっています。
小学生の頃から錦鯉が好きで池をつくって
数年間飼育しました。

その後熱帯魚、らんちゅうと、飼育して
今は忙しさと、漏水事故のため、なにも飼ってませんが、近所の川の鯉を毎日楽しんでいます。

このサイトのおかげで、本場の飼育の様子が
見て取れ、わくわくしています。

いまから冬の飼育がどのようになって行くのか
たのしみです。

2010/11/12(金) 23:18:56 | URL | 久保 昌由 #-[編集]
1年間おつかれさまでした。
オフシーズンのブログ更新も
楽しみにしています。
それとこの前の1100万の鯉には
驚きました!
いつかは私もそんな龍魚を
作出してみたいです。
2010/11/12(金) 23:29:20 | URL | Dr.yu-ki #-[編集]
Re: タイトルなし
Dr.yu-kiさん>

コメントありがとうございます!
オフシーズンの更新ネタどうしようかなーと考えていまして、
ちょっと鯉の水槽飼育に挑戦してみようかなと考えています。
その際はノウハウの方、ぜひ色々と教えて下さいね↑

あの1100万ですが、あれはちょっと異常でしたね (^^;
中国人向けのお祭りみたいな雰囲気でしたので、
普通なら出ないような値段ばかり着いてしまいました。
アロワナも物によってはそのくらい行くのでしょうか?
お互いに有名生産者の仲間入りとなるよう今後も頑張りましょう♪


> 1年間おつかれさまでした。
> オフシーズンのブログ更新も
> 楽しみにしています。
> それとこの前の1100万の鯉には
> 驚きました!
> いつかは私もそんな龍魚を
> 作出してみたいです。
2010/11/13(土) 11:39:49 | URL | ベン   #-[編集]
Re: タイトルなし
久保 昌由さん>
コメントありがとうございます!こちらこそはじめまして(^^
素人の拙い文章に目を通して頂きありがとうございます!

実際に錦鯉を飼われた経験をお持ちなのですね。
しかし漏水事故とはさぞ無念でしたね…。いつか復活する事を願っております。
自分は半年ほど前から本格的に仕事を手伝い出したばかりで、
いざやってみるとまだまだわからない事だらけです。
生き物の世話というのは本当に難しいものですね。

これからも出来るだけ養鯉の仕事を多くの方に知ってもらえるよう、
引き続き養鯉場通信を更新して行きたいと思いますので、
よろしければ今後もぜひお付き合い下さいね。
一方では冬のネタどうしようかなーと焦ってもいますが 笑

自分はアート系のフェスや美術館めぐりが好きで、
久保さんのブログも毎回興味深く読ませて頂いております。
根付けの話など、自分が知らない事を見聞きするのはやはり楽しいですね。
これからも折に触れお邪魔させて頂こうと思いますので、
その時はよろしくお願いします。

またお気軽にメッセージ下さいね。
それではまた!
2010/11/14(日) 02:10:46 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。