-- 最新の記事へ --
曳船に日は暮れて
2012年02月05日 (日) 21:15 | 編集
本日二本目の配信。不在中の雪で自宅や生簀周りには更に雪が積もってしまいました。


落雪で出来上がった雪山は一日ではとても除雪できず。しばしこの生活が続きそうです。


今日の先日の一枚。東京からの帰り道、関越トンネルを抜けるまでは徐々に路肩の雪が


増えていく程度だったのですが、湯沢に入った途端に周囲の景色が一変。吹きすさぶ風と


窓に迫る雪壁。一瞬ですが自分の故郷とは思えず「凄い環境だな」と思ってしまいました。


きっとトンネルの向こう側では今日も穏やかな東京の夕暮れが広がっているんでしょうね。



さて、全日本の会場を出て大急ぎで向かったのが東京スカイツリーのお膝元、墨田区


東向島、曳船駅の傍に立つ熱き料理人伴さんのお店「創作和食 饗 ~KYO~ 」でした。


ゆっくり食事を取るには少し時間が足りなかったのですが、長い冬を乗り切るための


エネルギーを貰うためにどうしても今回ここに立ち寄っておきたいと思ったんですね。

2012_97.jpg

こちらは最近メニューに加わった新潟栃尾のご当地食材「ジャンボあぶらげ」を使った


ジャンボあぶらげ葱味噌チーズピザ。一切れが本当に大きくこれでもハーフサイズ!


地元での少数生産のため、東京でこの食材を扱うには実に多くの壁があったんだとか。

2012_98.jpg

こちらも新メニュー、おぼろ豆腐のクリームブリュレ。フワフワ食感の濃厚なおぼろ豆腐が


甘いデザート仕立てになっているという代物。底に敷かれたベリーの酸味も効いています。


本当、毎回よくこんな発想を思いつくなぁと脱帽。勿論、一辺残さず美味しく頂きましたよ。

2012_99.jpg

滞在は短かったものの、料理で人を感動させたい、料理は一生の志事!と言い切る伴さんと


話している間はそれが少ない時間であっても接していて本当にいいエネルギーが貰えます。


分野・年齢・性別を問わず、真剣に何かに打ち込んでいる人の傍には必ずある熱を帯びた


空気が流れているもの。今回もそれを感じる本当に貴重な時間を過ごさせて頂きました。


伴さん、山さん、スタッフの皆さん、いつもありがとうございます。一緒に過ごしていると


こちらまでが頑張れるという人達との出会い。これほど貴重な物って中々ありませんよね。


これでモチベーションも充電完了。寒波など吹き飛ばす勢いでこの冬を乗り越えますよ!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック