-- 最新の記事へ --
やれば案外出来る。
2012年02月23日 (木) 23:53 | 編集
魚沼は今朝から小雨舞う空模様。現在は比較的強い雨が屋根を叩く音が聞こえてきます。


雪ではなく雨が降るのは上空に暖かい空気が流れてきている証拠。春の気配がしますね。


今日の一枚。雨にて生簀周りの除雪作業はひとまずお預け(むしろ雨にお任せ状態)となり、


室内で飼育データの整理などを行っていたのですが、長時間パソコンと向かい合うと下手に


外で動くよりも疲労が溜まりますね。休憩時に食べようと手に取ったバームクーヘンを見て、


ふと鯉の年齢についての話が思い浮かびました。鯉の鱗には「環線」と呼ばれる環状の線が


あり、この本数を数える事で鯉の大よその年齢がわかるとする説があります。顕微鏡無しには


見えませんが、その説に基づくとかつて226歳まで生きた花子という鯉が岐阜に居たそうです。


科学的な裏づけこそありませんが、錦鯉が長寿のシンボルになるのもなんだか頷けますね。



さて、そんな今回は今日から読み出した本を載せてみようと思います。こちらはブログにも


コメントを下さっている創作和食 饗 ~KYO~ のオーナーシェフ伴さんお勧めの一冊でした。

_MG_6043.jpg

■2022‐これから10年、活躍できる人の条件 著者:神田昌典

○本書は日本人のための本である。悪いが、英語、中国語、韓国語には翻訳させない。
                なぜなら世界中の人々が日本人に嫉妬してしまうからである。


本文に入る前、表紙をめくるとまず目に飛び込んでくるのが上記の一節。頭からこれだけの


事を臆面も無く言い切ってしまうあたりはさすが神田さん。日本の暗く厳しい将来について


語った書籍は数あれど(本書でもそれは不可避であると言っていますが)それらを乗り越え


今後日本は世界のモデル国になるというのが著者の結論。読んだのが全体の1/3程なので


まだ全容は掴めませんが、この方の著作は基本的に面白いので今回も期待できそうです。


会社経営に奮闘する友人の影響もあり、ここ数年でこそこの様ないわゆるビジネス書籍を


特に抵抗も無く読む様になりましたが、元来、私は読書嫌いであり数字で物事を考える癖が


得意ではありませんでした。その点は今でも出来ているのかと言えば正直怪しい所です。


とは言え、地元であるここ魚沼で鯉師として、また作家として生きていこうと決めたなら、


向いていない(と、少なくとも自分で思っている)事は、それをやらなくてよい理由には


ならないんだという事がこうした読書や自身の体験を通じて少しずつ分かってきました。


例えば、こうして日々何かを発信するなど元来怠け者の私にしたら驚くべき状況ですよ。


しかし始めてみればこのブログが縁で出会ったお客様や嬉しい出来事は数知れません。


「更新が大変」という理由でブログを始めなかったら今の私はここには居ない訳ですね。


出来ないと思う事の大半は、案外出来る。そんな風に自分を焚き付けて行こうと思います。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
前ブログの動物の足跡「テン」のようです。
そちらのテンの毛皮は高級品と言われている様で、昔テンでは有りませんが、イタチの毛皮一枚と米1表の値段が同じ時期があったようですよ。
神田さんの「全能思考」私も見て見たいと思います。
急に陽気が春らしくなって来ていて何か気忙しさを感じているこの頃です。
2012/02/24(金) 13:19:59 | URL | decodeco1950 #-[編集]
Re: 前ブログの動物の足跡「テン」のようです。
decodeco1950さん

なるほど、これはテンの足跡でしたか。当時の米一俵と言えば
かなりの高級品だったようですね。鯉だけは襲わないで欲しいものです(^^;

「全能思考」はまだ読んでいないんですが、この方の書籍は
今まで全て興味深く読ませて頂いています。これを読み終わったら
全能思考を読み出すのもいいかもしれませんね。
2012/02/24(金) 23:27:03 | URL | ベン   #-[編集]
グっとくるよね
実は僕も以前は活字の本が苦手で全くと言ってよいほど読まなかったよ^^;
料理本はめっちゃ読んでたけどね♪

遠まわしな文面より、ズバっと直球で伝わる本を読むと面白いよね☆

今は色んなジャンルの本を読んで考えを少しでも広く持とうとしている今日この頃。
2012/02/24(金) 23:51:26 | URL | 創作和食饗~KYO~の伴です #-[編集]
Re: グっとくるよね
伴さん>

コメントありがとうございます (^^
自分はたまに文庫本の小説を読む程度だったんですが、
何にでも興味を持つ癖のためか、人の読んでいる本を
興味本位で追いかけていたら全く活字が苦では無くなり
ましたね。中でも神田さんは特に直球の言い回し表現が
得意な方なので読んでいて本当に面白いです。

自分ももっともっと色々な事に触れてみたいですね~♪
目指すは博学錦鯉作家です 笑
2012/02/25(土) 00:18:18 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック