-- 最新の記事へ --
浅黄選考中
2012年04月05日 (木) 18:24 | 編集
今月の21・22日に小千谷にて開催が迫っている第29回錦鯉全国若鯉品評会に向けて今日は


出品を考えている鯉達の写真撮影を行いました。63cmまでの魚体に限定された、基本的には


若い鯉達による美の競演となる今回の品評会ですが、普段そこまで品評会などに鯉を出さない


父(=『自分で楽しめれば満足だから』との事 (^^;) )も新潟での現地開催となる今回は乗り気に


なっている様子。どれを出そうか色々と話している最中なのですが、父としては浅黄を何本か


出したいと考えている様で本日は浅黄ばかり拾ってたんですね。この浅黄、人によって好みは


当然ありますが、一般的には背中の青地が整っており、やっこ(=頬紅)と腹から体の側面に


掛けての紅の上がり具合が整っている鯉が美しいとされています。書いてみればたった二行


程度の条件なんですが、これを満たしている浅黄って探すと本当に少ないんですね。無地物


ゆえに少しでも鱗の並びが狂っていたり黒いシミなどがあると一発でわかってしまいますし、


墨や模様で挽回が効かないという点ではある意味美しい浅黄を探すのは三色などの柄物より


難しいかもしれません。シンプル過ぎるくらいに持って生まれた素質勝負!の品種なんです。


最終的にどれを出すかはまた父とよく話し合って決めなくては。さて、どれにしようかな~ (^^



関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック