-- 最新の記事へ --
旅立ちの日に
2010年11月23日 (火) 15:24 | 編集
雪こそ降らないものの魚沼は手足が凍える寒さ。低気圧が冬を連れてきたのでしょうか。


家の奥では母親がカブナの漬け込みで大忙し。じんわり塩味が染み込むと旨いんですよ、これが。



今日は以前オークションにて業者様よりご注文を頂いたウチの鯉達の発送日でした。


生まれ育ったここ魚沼の地を離れ、まだ見ぬお客様の所へと旅立って行くのです。


生産に関わっていれば色々な場面を経験しますが、この瞬間はやはり感慨深いですね。


娘を嫁に出す父親というのはこんな気分なんでしょうか 笑


丁寧に取り上げ、箱へと移していきます。

_MG_481300040004.jpg

こうして手元を離れた錦鯉は、何か問題が起こらない限り戻ってくることはありません。


出荷前に最後の一枚。いい面構えをしてますね。

_MG_483000020002.jpg

箱に移し、酸素を詰めて発送準備完了です!

_MG_483100010001.jpg

後は蓋を閉じてしまえば二度と会うことは無いでしょう。


無事に相手方に届けられ、出来る事ならその先に良き出会いが待っているといいのですが。


ウチでの今日の別れは、世界中のどこかに居るお客様にとっては新たな出会いの始まり。


願わくば、その出会いが両者にとって幸せなものであって欲しいと思います。


2尾とも元気でやれよ!そしてまだ見ぬお客様、ウチの子をどうかよろしくお願いします!




※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック