-- 最新の記事へ --
危なかった…
2012年05月26日 (土) 22:11 | 編集
先日雄雌を一度確かめた3才立て候補の鯉達ですが、再度確認の意味も込めて使う予定の


無い年頃の雌と一緒に野池に放しておいた所、今朝になってみたらしっかり産卵していました。


生簀で見た際に白子は出さないものの性別がどちらとも言えない様な鯉が数本居たのですが、


そうした鯉達が一晩雌と池に置かれた事で完全に雄として目覚めたみたいですね。個体差は


ありますが、繁殖期の雄の体は頬から全身に掛けてやすりを掛けた様にザラザラになるため


触ると良くわかります。たった一晩でこれだけ状態が変わるんですから本当に驚かされますよ。


もし二度目の確認をせずに池に放していれば大量の与太郎(=望まない稚魚。池の邪魔者)が


発生する所でしたから危なかったですね。何事も念には念を入れておかなきゃ駄目だって事か。


まぁ「立てたいな~」と思っていた鯉の大半は雌だったので良かったですよ。あとはここから更に


数を絞り最終的に何をどれだけ立てるか決めたいと思います。少数精鋭部隊、何を選ぶか…。

2012_398-2.jpg

■ 告知 ■

気付けば直前になってしまいましたがせっかくですので売り出しの告知を少しばかり。明日は


道の駅深雪の里にて越後九人会メンバーによる地元のお客様向けの即売会が行われます。


会場の準備も整い後は本番を待つばかり。午前九時開場を予定していますので、もし近くを


通る様な事があれば気軽に遊びに来てみて下さいね。どんなご縁があるか楽しみだな~ (^^

2012_399.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日雄雌を一度確かめた3才立て候補の鯉達ですが、再度確認の意味も込めて使う予定の無い年頃の雌と一緒に野池に放しておいた所、今朝になってみたらしっかり産卵していました。生簀で見た際に白子は出さないものの性別がどちらとも言えない様な鯉が数本居たのですが、そ...
2012/05/27(日) 02:58:41 | まとめwoネタ速neo