-- 最新の記事へ --
三色池入れ風景
2012年07月01日 (日) 20:26 | 編集
夜になりようやく本格的な雨が降りだしました。昨年の様に一度に降られては困りますが


これで少しは田畑の水不足の解消に繋がればいいですね。しばらくはこの雨に期待です。


さて、今日は孵化が終わった三色と紅白の稚魚達が池に放せる大きさに成長したため


それらを野池へと放す池入れ作業を行いました。こうして目の細かい専用の網で池に放す


尾数の稚魚を集めていくのですが、孵化率が良かった年などは少し大目に掬っただけで


簡単に稚魚の入れ過ぎとになってしまう事があるので慎重に数を見ながら作業を進めて


行く必要があるんですね。飼育方法や環境にも左右されますが、池に放す目安としては


ウチでは一反部の池に御三家ならば稚魚の数が大体3万匹程度といった所でしょうか。


稚魚を多く放したからと言って良い鯉が多く出るかと言えばそんな事もなく飼育環境が


悪化するだけなので、この時点である程度は全体の数を絞ってやるのが肝心ですね。



こちらが孵化から三日間が経過した三色の稚魚。小さな杯一杯分でも五千匹程は居る


という話ですので数が多く出た年は相当気をつけて放す量を調整する必要があります。


無事に育てば選別は8月上旬頃から。それまでどうか今年は豪雨など来ません様に…。

2012_511.jpg

2012_512.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック