-- 最新の記事へ --
紅白一次選別
2012年07月27日 (金) 20:37 | 編集
先日の三色に引き続き今日は紅白の一次選別を行いました。三色に比べると稚魚が少し


小さい感じがしますが大体このくらいの大きさがウチの一次選別の平均的な大きさですね。


各品種ごとにそれぞれ選別の難しさはありますが、その中でもこの紅白の選別は緋盤の


質や配置、体型の崩れなど見るべきポイントが他の品種よりは比較的限られているため


父曰く「選別の基礎が集約されている品種」なんだそうです。ここで覚えた事は他の三色や


昭和などの緋盤を持つ品種に応用する事が出来るため、私が養鯉に関わり出した当初は


選別作業に際してまず第一にこの紅白の選別をみっちりと教えられました。懐かしいな~。


他方、「紅白に始まり紅白に終わる」なんて言葉があるくらい奥深い品種でもあるんですよ。



目に付いた稚魚を何尾か拾ってみました。系統にも寄りますが、この一次選別の段階では


緋盤がカチッと固定されている様な鯉は少ないので今後模様になりそうな緋盤を持つ鯉は


基本的に全て残していく事になります。このまま順調に大きくなる鯉も居る一方でまったく


予想もしないような変貌を遂げる鯉も結構いるんですよ。こいつらはどうなるかな~? (^^


(※画像をクリックして頂くと別ウィンドウで大きく表示されます。)
2012_596.jpg 2012_598.jpg

2012_597.jpg 2012_599.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック