-- 最新の記事へ --
真剣60代しゃべり場!
2010年12月15日 (水) 16:08 | 編集
初雪からモサモサと羽毛のような雪が降ってきている魚沼。ドカ雪にならなければ良いのですが。


一見厄介なこの雪、しかし積もった雪は来春に山からの栄養を水田に運ぶ貴重な水資源ともなります。


また、スキー場などは今からが搔きいれ時。周辺のホテルや民宿は観光客で一年で最も賑わいます。


日常生活を不便にする一方で、様々な恩恵を与えてもくれる雪との暮らし。


確かに難儀な暮らしぶりですが、それがこの土地の醍醐味とも言えます。程々の降雪だといいな。



朝、いつものように動き回っていると携帯が鳴りました。


相手は今月頭に一緒に広島に行った友野さん。ウチの鯉を見に来られるとのことでした。


ご一緒に宮さんもいらっしゃいました。2人ともこの隣の市で養鯉をしている大先輩方です。


今日はウチのオス鯉を見に来られました。オス鯉の質やつくりについて様々な話が飛び交います!

_MG_80360001.jpg

一通り見終わると、場所を家の中に移しての錦鯉談義がはじまりました。


いずれも錦鯉一筋な生産者。段々と会話も白熱し、さながら某討論番組のようでした!

_MG_79250003.jpg

周辺生産者の近況や、これから作るべき鯉の話など話題は多岐に渡り、実に勉強になりました。


父達の世代も自身の錦鯉の更なる向上に真剣に取り組んでいるのだなと強く実感しました。


どんな創意工夫も、自分自身に経験と知識の裏づけがなくては仕事上有効な一手とはなりません。


出来るだけ早くそれらを吸収し、まずは父達の代に追いつかなくては。



※読み終えたらワンクリック、お願いします↓


関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
まわりにアツく語れる方がいる環境が
とてもうらやましいです。
ベンさんも左脳をフルに使って、素晴らしい
鯉を作出してください!
縁あって同じ時代を生きている和田養鯉場が日本一になる事を願います。
2010/12/15(水) 18:53:07 | URL | Dr.yu-ki #-[編集]
Re: タイトルなし
自分は親父達の会話を傍で聞いていただけみたいな感じでした(^^;)
なんせ本格的に熱い方々の集まりだったもので、会話に混ざれず…。
あれを見ればまだまだ差はあるなーと実感してしまいますね。
追いつき追い越せで飼育に臨んでいこうと思います!

Dr.yu-kiさんのアロワナ飼育も軌道に乗るといいですね!
まずは稚魚の孵化がこのまま順調に行く事を願っています。
日本一、実現するのは簡単では無さそうですが、
お互いにそこに辿り着けるよう、楽しみながら頑張りましょうね↑↑
2010/12/16(木) 00:18:56 | URL | ベン   #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック