-- 最新の記事へ --
プチ選別
2013年01月10日 (木) 18:19 | 編集
先日から再び強い寒気に包まれている魚沼。雪は小降りなものの冷え込みが厳しいですね。


今日は給餌などの合間にちょこちょことやっているプチ選別作業の風景をお届けしてみようと


思います。当然昨年の池上げ時、越冬生簀に入れる段階である程度の選別はしているので


全体の大きな入替えをするという訳では無いんですが、特に三色や昭和の様な墨物の鯉は


一冬の間に大きく墨が動く鯉が居るので見た目の印象がガラリと変わる事があるんですね。


もちろん本格的な2才立ての選別作業は野池に放す直前に行いますが、餌をやっていると


チラホラそんな鯉達が目に付く事があるのでそうした場合はなるべくその場で拾っておく様に


しているんですよ。混ぜたままにしておくと立てるつもりだった鯉をうっかり出荷してしまった!


なんて事になりかねないですから。実際いざ拾ってみれば「こんな鯉居たっけ?」の様な鯉が


結構居るので墨の変化ってのは本当に面白いもんだなーと思います。気分は宝探しかな 笑



今日拾ったのはこんな一本。背中に出過ぎていた墨が徐々に落ち着いてきたんじゃないかと


思うんですが緋盤はしっかり段模様になってましたね。墨が沈めば化けそうなんだけどな~。

2013_24.jpg

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック